自由人の空旅 マイルと共に

ANAマイルとか、特典航空券とか、SFC(スーパーフライヤーズカード)とか?…そして自由な旅を。

ANA PhoneとMILEAGE SIM 徹底比較

2016年12月2日、ANA Phoneという名のスマートフォンが発売されます。
利用プランに応じてマイルが貯まるって触れ込みで発表されANA マイレージクラブのサイト内にもなかなか大々的に露出されているので、オヤッと色めき立った方も多いんじゃないでしょうか。
最大34,400マイルとか言われると詳細を調べないわけにはいきません。

目次

ANA Phone の概要

公式サイト
www.ana.co.jp
携帯電話としての基本的な部分としては、ソニーXperia XZという端末にSBパートナーズというソフトバンク系MVNOの回線の組合せです。
そこに、契約プランに応じたマイルと搭乗ボーナスマイルが積算されるサービスが追加されたパッケージです。

端末 Xperia XZ (ソニーモバイルコミュニケーションズ)

オイラはApple派なもんで全くイメージ出来ないので、iPhone7・iPhone7plusと主要な部分を比較してみます。

Xperia iPhone7 iPhone7plus
サイズ 146×72×8.1 138×67.1×7.1 158.2×77.9×7.3
ディスプレイ 5.2 4.7 5.5
画面 1920×1080 1334×750 1920×1080
カメラ 2,300万画素 1,200万画素 1,200万画素
メモリ 32GB 32,128,256GB 32,128,256GB
重量 161g 138g 188g
価格 93,120円 72,800円〜 85,800円〜

と、まぁこんな感じ。根本的にOSが違ったりするので使い勝手等は言及しません。どれも3大キャリア全てで販売されてるモデルのようです。Xperiaの価格が妙に高い気はします。カメラの性能がウリの端末のようです。
ANA Phone独自仕様としてANAオリジナルライブ壁紙・世界時計天気ウィジェット・ANA機の機影壁紙プリインストールの3点が追加されます。

プランとマイレージ

どのプランを選択してもマイルは貰えるんですが、プランによってマイル数は変わります。
選べるプランは、大きく分けてスマ放題(通話料金他で3,000円)とスマ放題ライト(通話料金他で2,000円)の2種類。
スマ放題

2GB 5GB 20GB 30GB
通信料 6,500円 8,000円 9,000円 11,000円
月々マイル 300マイル 500マイル 500マイル 600マイル
搭乗ボーナスマイル数 4,000マイル 4,000マイル 4,000マイル 4,000マイル
搭乗ボーナス権利回数(2年間) 2回 3回 4回 5回
搭乗ボーナス最大(2年間) 8,000マイル 12,000マイル 16,000マイル 20,000マイル
2年間最大マイル数(搭乗+月々) 12,500マイル 24,000マイル 28,000マイル 34,400マイル

スマ放題ライト

5GB 20GB 30GB
通信料 7,000円 8,000円 10,000円
月々マイル 300マイル 350マイル 450マイル
搭乗ボーナスマイル数 4,000マイル 4,000マイル 4,000マイル
搭乗ボーナス権利回数(2年間) 3回 4回 5回
搭乗ボーナス最大(2年間) 12,000マイル 16,000マイル 20,000マイル
2年間最大マイル数(搭乗+月々) 19,200マイル 24,400マイル 30,800マイル

両プランとも最初の2年間の料金・付与マイル数です。
3年目以降は料金は変わらないんですが、搭乗ボーナスマイルが無くなり月々マイルが50~60%減らされます。

ANA Phoneまとめ

iPhoneのSIMフリーにMVNO(3GB1,600円)で運用してるオイラの立場からすると、ちょっとありえないです。9万オーバーの端末、MVNOと思えない(と言うより3大キャリアとなんら変わらない)通信料金。これ正直言ってマイル単価云々を考える気が起きないです。
ただし、もしちょうど3大キャリア契約でこの端末を購入するつもりだったなら、マイルが貰える分お得ですって言えなくはない、かな?

MILEAGE SIMの概要

公式サイト
mobile.nuro.jp

So-netモバイルサービスが提供するDOCOMO系MVNOのSIMカードです。端末とのセット販売はありませんのでSIMフリー端末かDOCOMO端末を別途用意するひつようがあります。
入会ボーナスマイル・毎月のマイル付与・残パケットに応じて貰えるマイルの3本立てでマイルが貯まります。

端末端末

端末のセット販売は行われてません。
自らSIMフリー端末かDOCOMO端末を用意する必要があります。
対応端末はこちらの公式サイトで確認できます。
www.so-net.ne.jp

プランとマイレージ

データ専用・SMS機能付き・音声通話機能付きの3種類のSIMがラインナップされていますが、今回この記事はANA Phoneとの比較記事なので音声通話機能付きSIMで比較します。

3.5GB 7GB
入会ボーナス 250マイル
月額料金 1,800円 2,800円
基本マイル 20マイル/月
残パケットマイル 月の残パケット300MBにつき10マイル

この他購入時にANAカードでANAマイレージモール経由ANAショッピングA-styleで購入した場合、SIM代金5%引き・マイレージモール分1マイル/100円、カードマイルプラス分1マイル/100円が付与されるので、3.5GBのSIMで36マイル・7GBのSIMで57マイルが付与されます。

MILEAGE SIMまとめ

単純にMVNOのSIMとして考えた場合、GB当たりの単価はさほど割安とは言えません。貰えるマイルも端数のようなものなので、標準的なMVNOの価格帯にマイルがおまけで付いてくると考えるのが良さそうです。
現在DOCOMO系端末やSIMフリー端末を持っていてすでにMVNO運用してい場合・ちょうどMVNOを検討中の方などは選択肢としては大いに成り立つと思います。
データ専用SIMを寝かして(契約だけで一切使用しないこと)マイル発生装置化しても1マイル10円前後になってしまうのでやるべきではありません。

結論

バシッと結論付けるにはあまりに全てが違うサービス。
結局、ちょうど類似したサービスを検討中の場合にプラスαでマイルがもらえる点で検討するのがいいのかもしれません。