自由人の空旅 マイルと共に

ANAマイルとか、特典航空券とか、SFC(スーパーフライヤーズカード)とか?…そして自由な旅を。

【微々たるマイルもこそぎ取る】自転車保険でマイルを得る

当ブログで提唱している「マイル獲得基礎体力」ですが、いわばドーピング的に爆発的にマイルを獲得できるポイントサイト活用と比較すると、とても地味でかつ自身の所得を上回ることは絶対にできないという限界も存在します。
ですがマイル獲得基礎体力を極限まで上げることにプラスはあってもマイナスはありません。地味な分、改悪リスクも少ないのではないでしょうか。
www.milagefreeman.com
この記事のようにできる限りクレジット決済をするのを前提として、クレジット決済プラスα(αはもちろんマイル)を獲得できるサービスに切り替えて、さらにマグロの骨のきわをスプーンでこそぎ取るかのごとくマイルを獲得しましょう。という提案です。

自転車保険について

オイラはロードバイクを趣味としているんですが、昨今の社会情勢(ブレーキ無しのピストバイクが人をはねたとか)を鑑みてしっかり保険に入るようにしています。
もちろん安全には最大の注意を払いつつ法の遵守も徹底しております。混雑した歩道を20km/hで縫うように暴走する電動ママチャリに比べたら100倍安全だと自負していますが、この保険はどちらかというと加害時のことを考えて加入しています。
年間数千円ですので、自転車に乗られる方は是非加入のご検討を。

話は逸れましたが、これまでオイラはau損保の自転車保険に加入していましたが、今回このタイミングで満期を迎えることとなり、さてどうしようと思案した結果「どうせならマイルもらえる保険にしよう」と考えました。

保険でもらえるポイント/マイル

どこ得

保険に限らずですが、マイル(もしくはポイント)獲得を考えたら真っ先にやるべきことは「どこ得」ですよね。
dokotoku.xxv.jp
ですが、自転車保険ってマイナーなんでしょうか。一切出てきません。
生命保険や自動車保険のような大型契約だと保険屋さんも気合い入れて販促するんでしょうけど、年間数千円の自転車保険はそっちのけです。
このままでは引き下がれないので方法を模索します。

ANAマイレージモール

思い出しました。マイレージモールがありました。
ポイントサイトに出るような案件も同様に網羅しているんですが、総じてポイントサイトに比べて得られるものが少な過ぎるのであまり見向きもしなかったんですが、ポイントサイトに無い案件であれば積極的に検討する価値があります。
f:id:milagefreeman:20161212212426p:plain
赤丸で囲ったところをクリックして進むと沢山のサービスが出てきます。
その中から下の「銀行・マネー・保険」をクリック。
f:id:milagefreeman:20161212212548p:plain
また幾つかのサービスが登場しますので「保険deMILE」の下「詳しく見る」をクリックして進みます。@サイクル保険と三井住友海上の2社表示されるんですが、まだ特に選択することはできません。
f:id:milagefreeman:20161212212627p:plain
そうすると、生命保険やら自動車保険などがズラリと並びますので、目的の「自転車保険」の「詳しく見る」をクリック。
f:id:milagefreeman:20161212212705p:plain
ここで個人情報とANAマイレージ番号を入力し「保険会社のサイトへ進む」。
これで自分のマイレージ番号と紐付きました。
f:id:milagefreeman:20161212212729p:plain
ここでやっと保険会社の選択ができます。
注意すべきは青で囲んだ部分「成約マイルは保険料が3,000円以上」という部分です。
今回オイラは東京海上日動を選択ですので横の「お申込みはこちら」をクリック。
f:id:milagefreeman:20161212213012p:plain
保険会社のサイトに飛ぶんですがここで問題発生。Mac不可!!!
今時なんだよと憤慨しつつ対応OSを確認するとiOS(iPad/iPhone)とありましたので、ハンドオフでiPadにスイッチ、事なきを得ました。
Mac不可でiOSは大丈夫って初めて遭遇したので焦りました。あるんですね、こんな事も。
で、無事にプラン選択画面に進むことができたので、以下のプランから選択しますが、先ほどのマイル付与条件によりCプランは意味をなしません。
AプランかBプランから自分に合うプランを選択します。
f:id:milagefreeman:20161212212742p:plain
あとは契約者情報(氏名/住所/生年月日等)・保険開始日等設定し契約完了です。
支払いはもちろんANAワイドゴールドカードです。決済で得られるマイルはたった52〜62マイル(ステージによる)ですが、もしかしたらこの3,000円があなたの来年のステージアップ(三井住友カードの)に貢献するかも知れませんし、なかなか侮れませんよ。

まとめ

今回オイラが選択したプランはBプランでしたが、3,000円以上であれば付与マイル数は変わりません。1年につき50マイル
なんじゃそれ!って思いますよね。オイラだってズッコケました。
ですが、マイルをもらわなくても加入したわけですから、たとえ50マイルでも貰える物は貰っておきます。
今回の件のように、絶対に支出する物はマイル単価を気にする必要はありません。なぜならこれはバイマイルではないのですから。
カード決済を合わせても100マイル程度ですが、三井住友カードのステージアップへの貢献もありつつ、必須支出からマイルを絞り出すことができます。
自転車保険という商品は、生命保険等に傷害保険オプションなどで契約されている方には不要なものですが、全くの無保険での自転車の乗車はあまりにリスクが高いですから、せっかくなら少しでもマイルを貰える保険を選んでみてはどうでしょう。
たとえほんの少しでもマイル獲得基礎体力は向上します。