自由人の空旅 マイルと共に

ANAマイルとか、特典航空券とか、SFC(スーパーフライヤーズカード)とか?…そして自由な旅を。

「生きてるだけで丸儲け」日常生活でマイル獲得の基礎体力を上げるには

マイルを貯めていく為には「ポイントサイトからソラチカルートでマイルに変換」という王道があります。
一度に数万マイル単位の大量マイルを獲得できるので、マイルを貯める=ポイントサイトとすら巷では言われてます。
ですが、普通に日常生活を送るだけでもソコソコのマイルを獲得することができます。
どうせクレジットカード決済でしょ?はい、その通りです。もちろんポイントサイトを否定しているのではありません。オイラもせっせと活用してますし。
年間200,000マイル以上獲得とも言われるポイントサイトに比べたら微々たるものかもしれませんが、この王道手法のリスクを考えてマイル獲得の手段を分散することは決して悪いことではないでしょう。なんたってただ普通に生活しているだけで自動的にマイルが貯まるのですから。

王道手法のリスクを考える

どんなものにもリスクは存在しますが、我々がこよなく愛する王道手法のリスクとはなんでしょう。

ソラチカルート

各種ポイントサイトから0.9マイル/1円という破格の交換率で、 ANAのマイルを貯めるには必須の ANA To Me CARD PASMO JCB。JALにはこのルートが存在しないので、マイルのため易さにおいてANAに人気が集まるんです。
ポイントサイトで大量にポイントをかき集め、上限である20,000ポイント/月をマイルに交換して18,000マイル・年間216,000マイルになるというこの手法はあちこちのブログ等で書かれていますが、もし万が一この交換率がその他ルート同様に0.5マイル/1円に改悪されたとしたらソラチカルートは120,000マイル/年になってしまします。
先日AMEXのマイル交換率が改悪になりました。ソラチカにも絶対はないのです。

ポイントサイトの案件

ポイントサイトから得られるポイントって一体なんでしょうか。
ズバリ販促費です。
クレジットカードを例にすると
クレジットカード会社のビジネスモデルは、カードを発行して加盟店手数料を得る事です。他にもいろいろ手広くやってるでしょうから収益構造はもっと複雑でしょうが、基本はコレです。
ときどき街中でクレジットカード入会キャンペーンやってますよね。机を設置して4〜5人のスタッフが「今入会で○○円分のポイントプレゼントでぇ〜す」みたいに叫んでるアレです。
あれで1日何人を新規加入させられるか知りませんが、そこでせっせと働く人達の賃金(プロパー社員は人件費になりますが)やノボリ作成費用やら仮設の音響設備の費用、その他諸々を販促費として計上してると思います。(会計処理は企業ごとに事情やルールがあるので断定はできません)
ポイントサイトを利用し新規顧客を獲得すると上記費用が(全てではありませんが)掛かりません。その浮いた費用の一部を新規顧客に還元すると唄えば集客効果が上がるのです。
マイル活動している側から見るとこんなおいしい話に乗らない理由がないので、クレジットカード等は全てポイントサイトを経由して発行、さらに上記ソラチカルートを経由して高返還率でマイルに交換しているのです。
ですが、販促費というのは福利厚生費と共に企業業績が悪化すると真っ先に見直し・削減される費目の代表格です。
個別に一企業が業績悪化しても我々にはあまり影響はありませんが、例えばリーマンショックみたいなことになったら日本中の企業がこれら費用を削減したりしたらポイントサイトから高額案件が減少・消滅する事があり得る訳です。

クレジットカード決済を極限まで上げる

ポイントサイト案件が上記2つの理由で今より旨味がなくなった場合、今時点で考えられるマイル獲得方法は飛行機に乗るか日々のクレジット決済しかありません。
飛行機に乗るためにマイルを貯めるのであって、飛行機に乗ってマイルを貯めていては本末転倒です。そうなると残された手法はクレジット決済だけです。
クレジット決済って言ったって給料以上に決済できる訳ではありません。そんな事したら破滅です。
オイラが提唱する「マイル獲得の基礎体力」を上げるというのは、効率の良い店舗・事業者を上手に選択し、かつ可能な限りクレジット決済しましょう、というものです。

公共料金

自治体によって違いがあるかもしれませんが、電気・ガス・水道の各料金はクレジット決済が可能です。各事業者の HPから申し込む事ができます。

インターネット・携帯電話

大抵の方がクレジット決済してると思いますが、関連するものとしてhuluやNetflixなどの動画サービス、Apple itune storeなどのネットで申込みができるものは全てクレジット決済にしましょう。
また、オイラのようにブログを運営してる人はドメインやブログに掛かる費用も当然クレジット決済ですね。

保険等

保険料の支払いもクレジット決済にほぼ対応していると思われます。自身の加入している保険がクレジット払い対応であれば迷わずクレジット払いに変更しましょう。

日常の買い物

日常のお買い物はスーパー・コンビニ・ドラッグストア等であればほぼ全てクレジット決済が可能です。
地域に根ざした古くからある商店なんかはクレジットに対応していない事もあります。

その他日常

美容室・通勤定期の購入・ネット通販
もうほぼ全てをクレジットカードで支払う事が可能です。
あと、飲み会では支払いは積極的に。
5人で飲みに行って「オレ払っとくね。1人5,000円ね」と一言いうだけで25,000円分クレジット決済できます。自分の財布を痛めるのは自分が飲み食いした5,000円分だけで25,000円分決済できるのは非常にオイシイ話です。

もちろん、ANAワイドゴールドで

ANAマイルを貯めるという観点からすると ANA ワイドゴールドカードは必須です。年会費等バランスが良いのの三井住友カード発行のVISAかMASTERを選択するべきと、以前書きました。
www.milagefreeman.com
VISAとMASTERどっちがいいの?という方には以下の考察をご覧ください。
www.milagefreeman.com

ステージボーナス

三井住友カードにはステージボーナスという制度があるので、決済額が高ければ高い程還元率が上がります。
www.smbc-card.com
これで得られるボーナスポイントをG-Pointというポイントサイトを経由してマイルに変換すれば最大+0.71%還元率が向上(前年度決済額300万円以上)します。基本の還元率1%と合わせ1.71%の超高還元カードです。

iD

三井住友カード発行のクレジットカードはiDという電子マネー機能が付いています。
iDで支払うとそのままクレジットの利用に計上されるので、クレジットは使えないけどiDが使えるというお店ならiD決済が有効です。
id-credit.com
オイラの場合、これを使い始めるまでは「そんなに利用できる場所あるのかな」と懐疑的でしたが、実際使ってみるとほとんどの場面で利用可能でした。

楽天Edy

iD同様に付帯機能として付いています。
あまり考えられない状況ですが、クレジット駄目・iDも駄目という場合は楽天Edyで支払いましょう。楽天Edyは利用の他にチャージでもマイルが貯まります。

ANAカードマイルプラス

特定の加盟店で ANAカードすればクレジットカードのポイントとは別に100円または200円利用ごとに1マイル積算されます。ANA関連の支払い(航空券・機内販売等)の場合は100円で2マイル積算されます。
www.ana.co.jp
例えばコンビニを利用する場面ではマイルプラス加盟店であるセブンイレブンをあえて利用します。そこでの支払いはiDが使えます。セブンイレブンといえばnanacoがありますが、nanacoの場合は1回の利用ごとにポイントが積算されるので端数切り捨てで効率が悪いのですが、マイルプラスの場合は月の合計利用額に対してマイルが積算される事で端数の無駄が少なく非常に効率良くマイルを貯められます。
クレジット決済額を上げつつマイルも貯まる良い事づくめの方法ですので、自身の利用するカテゴリーの店舗がマイルプラス加盟店であるかどうか頭に入れておきましょう。

まとめ

ここまでの内容で、生活ほぼ全てがカード決済できる事がわかりました。
公共料金・携帯電話等から日常のお買い物をクレジット決済にすることで、たとえ一人暮らしでも10万円くらいは決済できるはずです。毎月10万円決済(年間120万円)すると翌年度以降はステージボーナスが付きますので、カードのポイントで約1,500マイル/月、内1/3をマイルプラス加盟店で利用すればさらに約300マイル/月の合計約1,800マイル貯まります。年間にすると20,000マイルを超えるのです。
マイルの有効期限である3年分と考えると60,000マイル/3年ですからハワイ往復(しかもビジネスクラス)を特典航空券で行けることになるんです。(正確には65,000マイルですが)
もう一つのこれらの利点はソラチカルートの渋滞の影響をほとんど受けないことです。ソラチカルートでメトロポイントから ANAマイルへの移行は20,000ポイント/月(18,000マイル相当)ですから、ポイントサイトで大量のポイントを獲得し続けている場合でも自ずと上限が決まってしまいます。クレジット決済のほとんどはソラチカルートを通さずに直接マイルになりますから、この点でも非常に有効な手段と言えます。
ポイントサイトでマイルを増殖しつつ平行してマイルの基礎体力を日常生活で上げておくことで、万が一ポイントサイトやソラチカに異変が起きても慌てず騒がずまったりとマイル活動を継続できるのです。しかもただ普通に生活しているだけで。