読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人の空旅 マイルと共に

ANAマイルとか、特典航空券とか、SFC(スーパーフライヤーズカード)とか?…そして自由な旅を。

1マイルいくら? マイルの価値とは

マイルを貯めるだの使うだの言ってもそもそも1マイルいくらなの?
巷では1マイル1.5〜2円とも言われますが本当のところどうなの?
マイレージサービスの最大にして永遠の疑問を掘り下げます。

目次

マイルをANAスカイコインに変換

ANAには貯めたマイルをスカイコインというANAグループで利用できる電子クーポン制度があります。
ANAスカイコインは以下のように会員ステータスや保有ANAカードの種類・交換数量によって交換倍率が変化します。

会員ステータス/ANAカード種類 ダイヤモンド/プラチナ/ブロンズの各メンバー スーパーフライヤーズカード/プレミアムカード/ゴールドカード 一般カード(ワイド含む) マイレージクラブカード
1〜9,999マイル 1倍 1倍 1倍 1倍
10,000マイル 1.3倍 1.2倍 1.2倍 1.2倍
20,000マイル 1.4倍 1.3倍 1.2倍 1.2倍
30,000マイル 1.5倍 1.4倍 1.4倍 1.2倍
40,000マイル 1.6倍 1.5倍 1.5倍 1.2倍
50,000マイル〜 1.7倍 1.6倍 1.5倍 1.2倍

ここからわかるのは、一度にたくさんのマイルを交換(最大200,000マイルまで)したほうがマイルの価値が上がり、会員ステータスや保有ANAカードのグレードが高いほうがマイルの価値が上がるということになります。
1マイルの価値が 1円(最低)〜1.7円(最高)の価値と考えることができます。

特典航空券を取得

レギュラーシーズンのとある一週間(2017/3月第1週)を例として、国内線/国際線の各方面/座席クラスを特典航空券を取得した場合と航空券を購入した場合を比較してみます。(2016年11月4日調べ)

国内線の場合

国内線の座席クラスは普通席とプレミアムクラスがあるんですが、特典航空券は普通席しか取得できないので、普通席で比較します。

路線 特典航空券 往復航空券(最安値〜最高値) 1マイルあたり 中間値
東京⇔大阪 10,000マイル 15,280〜27,080円 1.53〜2.71円 2.14円
東京⇔札幌 12,000マイル 21,480〜42,330円 1.79〜3.53円 2.66円
東京⇔沖縄 14,000マイル 27,780〜42,480円 1.98〜3.03円 2.51円

国際線の場合

路線 クラス 特典航空券 往復航空券(最安値〜最高値) 1マイルあたり 中間値
東京⇔ソウル エコノミー 15,000マイル 33,510〜106,010円 2.23〜7.07円 4.65円
ビジネス 30,000マイル 116,510〜150,510円 3.88〜5.02円 4.45円
東京⇔シンガポール エコノミー 35,000マイル 50,520円 1.44円 1.44円
ビジネス 60,000マイル 234,520〜399,520円 3.91〜6.66円 5.29円
ファースト 105,000マイル 850,560〜875,560円 8.10〜8.34円 8.22円
東京⇔ロンドン エコノミー 55,000マイル 121,870〜438,870円 2.22〜7.98円 5.10円
ビジネス 90,000マイル 534,150〜1,192,880円 5.82〜13.25円 9.54円
ファースト 165,000マイル 1,264,150〜2,643,820円 7.66〜16.02円 11.84円

特典航空券まとめ

特典航空券の場合、長距離かつ高いクラスになるほどマイルの価値が上がり、ヨーロッパファーストクラスの場合1マイル16円にもなります。
注意すべきはシンガポールエコノミー。航空券の価格は距離等に比較して異様に安い場合がありますので単純に遠ければマイル価値が上がるとも言い切れないので。

結論

ANAスカイコイン化して使う人にとってのマイルの価値は1マイル最大1.7円
特典航空券の場合は一概に言えないのですが、最安値の航空券は意外に使いづらい時間帯だったりする(かといって最高値をわざわざ狙わない)ので中間値を参考にすると、
国内線特典航空券を使う人にとってのマイルの価値は1マイル2.5円程度
国際線特典航空券エコノミーを利用する人にとってのマイルの価値は1マイル5円程度
国際線特典航空券ビジネスを利用する人にとってのマイルの価値は1マイル5〜8円程度
国際線特典航空券ファーストを利用する人にとってのマイルの価値は1マイル10円程度

ただし、先ほどのシンガポールの例もあるので国際線エコノミーや国内線を利用する際は航空券の料金÷自身のスカイコイン交換レート特典航空券の必要マイルを比較することをお勧めします。1マイル1.7円以下の場合は特典航空券ではなく、マイルをスカイコインに変換して航空券を購入したほうが得になるので。
例 東京⇔シンガポールエコノミーでステータスホルダーの人
料金50,520円÷1.7=29,717となり、35,000マイルの特典航空券よりマイルから交換したスカイコインのほうがお得に乗れるということになるんです。