自由人の空旅 マイルと共に

ANAマイルとか、特典航空券とか、SFC(スーパーフライヤーズカード)とか?…そして自由な旅を。

メトロポイントを貯めたい!ややこし過ぎる東京の電車網

利用する度にいつも思うんですが東京の地下鉄網は難解極まりありません。地下鉄だけでも2社合わせて13路線。これに JR線と私鉄各社が文字通り網の目に張り巡らされているので、オイラのように横浜在中で月に何度も都内を訪れるような人間にとっても行き慣れてない所だと緊張を強いられます。
つい先日、twitterでフォローしている方が「せっかくだから地下鉄乗ってメトロポイント貯めるぞ」とツイートされた数分後、「間違って浅草線のってしまった」と。知ってる方ならお分かりですが浅草線は都営地下鉄ですからメトロポイントは付与されません。
この方は最終的に銀座線に乗って無事目的地に着きメトロポイントも獲得できたんで良かったのですが、この方のように「せっかく東京に来たからメトロポイント頂いてから帰ろう」という志高き陸マイラーの為にも東京の鉄道路線について考察します。

東京都内の鉄道路線網

都内、特に23区内には様々な路線が張り巡らされています。

JR線

都内のJR線でSFC修行僧にとって重要なのは、羽田空港からのアクセスが可能な東京モノレールと浜松町と、成田スカイアクセス線がアクセスする日暮里がある山手線・京浜東北線と、成田空港から都心へアクセスする成田エクスプレス・総武線です。もちろん各交通系カードが使えますがメトロポイントは獲得できません。

私鉄

こちらも羽田空港SFC修行僧に馴染みの路線と言えば空港へのアクセスがある路線となりますが、羽田空港には京急線、成田には成田スカイアクセスと京成線があります。
羽田からの京急線は川崎・横浜・横須賀方面と品川方面があり、品川から先は都営浅草線に乗り入れます。メトロポイントは獲得できません。

地下鉄

東京の地下鉄は運営母体が2種類あります。

都営地下鉄

f:id:milagefreeman:20161211161910p:plain
東京都が運営している地下鉄で4路線あります(浅草線・三田線・新宿線・大江戸線)。
空港との関連があるのは浅草線のみで、羽田・成田間を京急線ー浅草線ー京成線の直通で行き来することができます。が、メトロポイント対象路線ではありません。
他3路線は直接空港とのアクセスはありません。

東京メトロ

f:id:milagefreeman:20161211163311p:plain
さて、我らが愛してやまないメトロポイントと言えば東京メトロです。
東京地下鉄株式会社という特殊法人(営団が民営化)が運営していて、路線は路線番号順に日比谷線・銀座線・丸ノ内線・東西線・南北線・有楽町線・千代田線・半蔵門線・副都心線の9路線あります。

Tokyo metro map ja - Tokyo Metro lines.png
By Hisagi氷鷺) - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

wikipediaより

これをみて分かるように、このマップ上には羽田も成田もありません。
ここまででお気づきと思いますが、羽田・成田にアクセスできる路線はメトロポイントがもらえないんです。東京メトロのクレジットカードであるソラチカカードの謳い文句「空も地下も」ですが各空港と東京メトロは直結していません。なんたる矛盾、と思わなくもないんですが仕方ありません。

メトロポイントを獲得するには

SFC修行僧の利用を想定して羽田・成田空港からの場面で考えます。

羽田空港

羽田空港から電車で都内に向かうには京急空港線か東京モノレールの2種類しかありません。
どちらもメトロポイント対象ではありません。

京急線利用時

メトロに乗る為には京急線で品川方面に向かいます。途中の泉岳寺駅から浅草線に乗り入れますのでそのまま新橋で銀座線、東銀座で日比谷線、日本橋で東西線、人形町で日比谷線、浅草でまたまた銀座線、押上で半蔵門線にそれぞれ乗り換え可能です。

モノレール利用時

モノレール終点の浜松町からJR(山手線等)に乗り継ぎ新橋に向かえば銀座線に乗り換えられますが、運賃が京急/浅草線が562円に対しモノレール/JRは616円(共にICカード運賃)と高いのと1回乗り継がなければならないので、メトロに乗る為だけであればモノレールを利用する理由はありません。

成田空港

JR線利用時

成田エクスプレスの場合メトロに乗り換える場合、東京駅まで来る必要があります。丸ノ内線の他に徒歩圏内で有楽町で有楽町線、日本橋で銀座線東西線、大手町で丸ノ内線東西線千代田線半蔵門線などに乗り換え可能です。

京成線利用時

京成線利用時は日暮里まで来たのち徒歩またはJR線で隣駅の西日暮里まで移動すれば千代田線に乗ることが可能ですが、先ほどのモノレール利用時と同様で複数事業者を乗り継ぐと運賃が上がる傾向にあるので、「どうしてもメトロに乗らなきゃならんのだ」という方のみ検討する路線と言えそうです。
慣れてしまえば最高に便利なんですが、丸暗記するにも数が多すぎます。

ポイント数

みなさんソラチカカードをお持ちの前提で話を進めます。
ソラチカカード(またはメトロPlus登録をしたPASMO)でメトロポイントが得られる方法は2通りです。

乗車ポイント

名前の通り乗車1回ごとに平日5ポイント・土休日15ポイントもらえます。
1乗車ごとに獲得できるので、休日に単純にどこかメトロの駅まで往復すれば(改札は出なければいけませんが)30ポイント獲得できます。

電子マネーポイント

f:id:milagefreeman:20161211173554p:plain
メトロ乗車時は駅のコンコース等でこのマークを探してみてください。
駅売店や自動販売機等でこのマークが掲出されていれば、店舗利用の場合200円で1ポイント、自動販売機で利用の場合100円で1ポイント獲得できます。
ただしこの場合、ANAカードでセブンイレブン等のマイルプラス加盟店利用時とどちらが有利か検討する必要が有ります。

まとめ

今さら言うまでもないのですが、メトロポイントは1ポイント0.9マイルに交換できる非常に価値のあるポイントです。
都内は網の目のように鉄道路線網が存在してますから、場所によってはメトロを含めて複数の路線で行けることも多いです。
運賃差を考慮しなければいけませんが、オイラの印象では総じてメトロは安価な印象ががあります。
複数の選択肢がある場合は迷わずメトロを利用するべきです。休日に1往復利用すれば30ポイント、すなわち27マイル獲得です。
SFC修行時に使いそうな羽田・成田間の陸路移動にはメトロポイントを獲得できるルートは残念ながらありません。
寄り道する予定がある方はあえてメトロを利用するのも一考かもしれませんが、乗り継ぎ期間にはご注意ください。